PeeeeRONの日記

更新頻度はあまり高くはありませんがネタがあったら書いていこうと思います。

初心者が3週間でアプリを作った話

冬休みで時間があったので、何かを作りたいと思って、Androidで動く人狼ゲームを作ってみました。

 

今回はその手順を書きたいと思います。

  • 準備

まず、アプリを作成する前段階として、androidアプリの開発方法の基礎を学びました。  以下の本を使って学びました。

 

スマートにプログラミング Android入門編 第3版 SDK4.x対応

スマートにプログラミング Android入門編 第3版 SDK4.x対応

 

 この本はandroidアプリを作成するに当たって、最低限必要なインテントXMLレイアウトの使い方などがまとめられています。

 

AndroidエンジニアのためのモダンJava

AndroidエンジニアのためのモダンJava

 

 こちらの本はAndroidというよりも、Javaの基礎的な使い方について書かれています。  オブジェクト指向に関しても学ぶことができます。  また、本の最後の方にはAndroidにおけるネットワークの使い方に関しても書かれています。

 

  • 設計

まずどのようなゲームにするか、ルールはどのようにするのか、登場人物はどうするのかを考え紙にまとめました。  そこから、それぞれの仕様にもとづいて、どのようにしたら実現できるのか、なんのクラスが必要なのか、なんのメソッドが必要なのかを考え、それも紙にまとめました。

 

  • デザイン

次に、画面のデザインやアプリに使う画像を作りました。  人狼ゲームは非常に画面遷移の多いゲームなので、ここで大体の画面構成を決定しました。  

 

  • コーディング

これまでの段階で入念に計画を立ててコーディングに入りました。  人狼ゲームは画面遷移が多く、画面間で受け渡す情報が多いので、Applicationクラスを継承したクラスにアクティビティで使う変数や共通のメソッドを作り、それを各アクティビティに持たせ参照するという方法で管理しました。

ここでは以下の本を使いました。

 

Android SDK開発のレシピ

Android SDK開発のレシピ

 

 この本はアプリを作るときのTips集です。  説明は少ないので少しわかりづらいところもありますが、Android SDKでできることを色々知ることができます。

 

Android Hacks ―プロが教えるテクニック & ツール

Android Hacks ―プロが教えるテクニック & ツール

 

 こちらはかなり古い本ですが、上の本と同じようにTips集になっています。  分厚いほんなので、情報量も多く詳しく書かれています。

 

  • テスト

人狼ゲームは多人数不完全情報ゲームなので、バグを洗い出すのがなかなか大変でした。  後半は実機を使ってテストしていました。  

 

 

  • 完成

こちらが今回作成したアプリです。

人狼ゲーム - Google Play の Android アプリ

なんの変哲もない人狼ゲームです。  もし遊んでバグを発見しましたら、お知らせください。

 

  • まだ実装していないこと

最後にAdMobという広告を組み込もうと思ったのですが、エミュレータで起動するとEclipseがフリーズしてしまいできませんでした。  

 

次はネットワークを使ったアプリを作ってみたいです。  あともう少しUIをかっこよくつくれるようになりたい。